本文へスキップ

豊橋技術科学大学機械ダイナミクス研究室は振動工学を専門とする研究室です。

〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1

研究紹介複数点同時振動計測を実現する疑似連続撮像計測システムの開発

疑似連続撮像の提案

 計算機向上に伴い大規模な数値解析モデルによる機械の設計開発が進められています.モデルの振動特性の妥当性検証を行うためにはモデルの規模に応じて計測点数を増加させる必要があります.一方で,大規模な計測点数を有する振動実験は実験工数の増大,ノイズの影響を受けやすい等の課題があります.本研究では図1に示す,擬似連続撮影の概念を利用して,高サンプリング周波数(高フレームレート)かつ高計測分解能(高画素数)を両立した計測システムを構築します.2017年度より高速回転体の変形挙動把握の基礎研究を基に振動計測への応用展開を図っています.

システム構成

 インパルス入力・Sin波入力のタイミングを基準として,デジタルカメラのシャッター開閉動作とストロボ発光のタイミング(撮影タイミング)を調整するシステムを開発しました.これにより,複数回の周期的入力に対して,撮影タイミングをずらすことで,擬似的に連続画像を得ます.撮影周期はデジタルカメラの撮影速度よりも十分に長くとることができるため,高画素数の市販デジタルカメラを利用できます.また,サンプリング周波数は図1に示すように撮影タイミングの変化量に依存して決めることができるので,擬似的に高画素数・高サンプリング周波数の連続画像取得を実現しています.

謝辞

 この事業(本研究)は,競輪の補助を受けて実施した事業です.ご支援,誠にありがとうございます.
・補助事業概要の広報資料


バナースペース

豊橋技術科学大学
機械ダイナミクス研究室

〒441-8580
愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1


E-mail
 kawamura<at>me.tut.ac.jp
 matsubara<at>me.tut.ac.jp
 ※<at>を@に変更してください