本文へスキップ

豊橋技術科学大学機械ダイナミクス研究室は振動工学を専門とする研究室です。

〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1

活動情報 2017年度Activity

平成29年4月3日
卒研生配属決定
平成29年4月7日
研究室ガイダンスおよび歓迎会
平成29年5月24日-5月26日
自動車技術会2017年春季大会(横浜)
参加者:松原
平成29年6月12日-6月15日
SAE 2017 Noise and Vibration Conference exhibition
参加者:松原
平成29年7月中
夏季研究報告会
参加者:全員
平成29年8月29日-9月1日
日本機械学会 Dynamics and Design 2017(豊橋!)
参加者:河村(実行委員長),伊勢(実行委員),松原(実行委員)
平成29年9月8日-9月9日
振動談話会第4回若手研究交流会
参加者:伊勢(実行委員長),松原
平成29年10月〇日-〇月〇日
開学記念駅伝大会
参加者:ほぼ全員
平成29年11月9日-11月11日
日本機械学会 シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2017(金沢)
参加者:湯川,河村,森,玉泉,佐藤,松崎

研究室内研究報告会及び勉強会予定

英語関係(修士は輪講T,Uの単位に相当)
 B4:前期は英文テキストの講読
 M1:前期,後期(前半)それぞれに最低1本の英語論文を講読,抄録を作成する.
 M1の後期(後半)及びM2の前期(前半):
  自分の研究を日本語と英語でまとめる(日本語,英語ともA4サイズ4〜6枚,日本語概要は中間報告へ入れる)
  英語論文(国際会議,学術論文)を作成したら研究まとめ(英語)が免除される.
 その他:英語の自学自習としてNetAcademy2を推奨している.研究室で「機械ダイナミクス英語」というクラスに
     登録する.ただし,やるかどうかは各自の自由である.

研究報告
担当教員とのミーティング(週1回程度,詳細は担当教員と相談)
平成29年7月
夏季研究報告会
平成29年9月○○日
機械・システムデザインコース M2中間報告会
平成29年11月中随時
研究グループ毎の報告会
平成30年1月末
M1中間報告提出,2月に個別報告会

バナースペース

豊橋技術科学大学
機械ダイナミクス研究室

〒441-8580
愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1


E-mail
 kawamura<at>me.tut.ac.jp
 ise<at>me.tut.ac.jp
 matsubara<at>me.tut.ac.jp
 ※<at>を@に変更してください